「ブルガリ コピーセルペンティフォーム アート ジュエリーデザイン」開催

“誘惑”“再生”“変容”を象徴するシンボルとしての蛇は、何世紀にもわたり人類の物語と絡み合いながら世界中で神話や伝説を生み出してきた。1940年代、ブルガリ コピーはこのシンボルの表現力を捉え、しなやかなブレスレットウォッチにあしらわれたジュエリーに新解釈を吹き込むと、その後数十年の間に「セルペンティ」はブランドの大胆な創造性のアイコンとしてその地位を確立。この展覧会では「セルペンティフォーム」の多岐にわたる刺激的な展示内容を通して、いかに蛇が現代のアート、デザインや写真で中心的な役割を担う多くのアーティストたちをインスパイアしてきたかを物語る。

展示ルートは、天井や壁を巧みに使った美しく独創的な写真からはじまる。そこには、ヘルムート・ニュートンやロバート・メイプルソープといった写真家によるオリジナルプリントや、日本の現代写真界のスターである写真家 操上和美による蛇をテーマにした写真が、著名なファッションフォトグラファーたちの作品とともに並ぶ。

コンテンポラリーアートのセクションへ進むと、 ニキ・ド・サンファルやキース・へリングによる遊び心のある作品に加え、彫刻や日本画の既存の概念に逆らうように大胆なアプローチを仕掛ける、小谷元彦や天明屋尚など日本を代表するアーティストの作品などで構成され、東西間の刺激的な対話を繰り広げる。インドネシアのヘリ・ドノによる社会批判や切り絵アーティストのウー・ジエンアンが古い中国の伝説を蘇らせた「白蛇」は、蛇が世界中で無限の意味を持つことについて異なる視点をもたらしてくれる。

アレクサンダー・カルダーやジョアン・ミロの図案化されたラインはエネルギーや命のポジティブなシンボルとして蛇を表現し、河井美咲のエキセントリックなスタイルはビデオゲームのイメージを通して蛇を再考している。

また、今秋「ブルガリ 荒木飛呂彦 日本限定 バッグ カプセル コレクション」のデザインで話題となったアーティストであり、「ジョジョの奇妙な冒険」の作者でもある、荒木飛呂彦による作品も展示。カプセルコレクションでのコラボレーションを通して、本展覧会のために特別に描かれた唯一無二の作品だ。

本展覧会では、ブルガリ 偽物の創造性の中でこのモチーフがいかに豊かな進化を遂げてきたかを伝える。展示ではトゥボガス技法による初期の様式的な作品から、ゴールドのうろこやマルチカラーのエナメルを施したより写実的な作品まで幅広く網羅。また、ホワイトゴールドにレッドのコーラルビーズ、エメラルド、オニキス、ダイヤモンドをあしらった華麗なブルガリ ネックレス コピーなど、東京での展示に向けて特別にデザインされたジュエリークリエーションもディスプレイされる。

さらに展示ルートに関する特別なコンテンツを提供するウェブアプリで「デザイン ユア セルペンティ」を体験してみてはいかがだろう。ユーザーフレンドリーな最先端テクノロジーを使ってカスタマイズする「セルペンティ」のクリエーションをデザインし、展覧会場にて投影もできる。ほかにも会場に「隠された」蛇の芸術作品を、拡張現実体験を通じて発見するというインタラクティブな展示も楽しめる。

開催中は会場内にブルガリ スーパー コピーのカフェが登場。ドリンクと共に特別フレーバーのチョコレートなどを堪能してほしい。

FROM:http://openers.jp/article/1578401

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です